保育士の賃金引き上げへ

2017-11-21
こんばんは

今朝も厳しい寒さです。
いつもとちがう場所で研修。

半日外での研修、直行直帰です。


 政府は、2019年10月の消費増税で増える税収の一部を使い、保育士の賃金を引き上げる。
衆院選で安倍政権が公約した幼児教育・保育の無償化よりも待機児童対策を優先すべきだとの
批判を受け、保育士の待遇改善策を拡充する。

 政府が来月まとめる教育無償化などの年2兆円規模の政策パッケージに盛り込み、19年度以降の
実施をめざす。300億~400億円規模を保育士の賃上げに充てる方向で調整しており、賃上げ幅などの
詳細は今後詰める。

 保育現場では、保育士不足が深刻で、今年度予算でも492億円を計上して、全職員に2%(月6千円程度)
の賃上げを実施し、技能や経験を積んだ職員には月4万円などを上乗せした。ただ、保育士の賃金水準は
16年時点で全産業の平均よりも月10万円超低く、一層の賃上げを求める声が出ていた。

 安倍晋三首相が衆院選で公約した政策パッケージの柱は、教育無償化や保育の受け皿整備の
前倒し、介護職員の処遇改善で、保育士の待遇改善は想定されていなかった。しかし、与党内からも
「保育園で働く人がいない」「待機児童の解消が先だ」などの意見が続出し、追加策を迫られた。

加計、教育無償化で論戦

2017-11-20
こんばんは

今朝も寒さ厳しい日になりました。
昨日は睡眠負債を解消すべく
寝るだけ寝てしまいました



 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が20~22日、衆参両院で行われる。

 先の衆院選後、首相が答弁に立つ国会論戦は初めて。野党は、首相の友人が理事長を務める
学校法人「加計学園」の獣医学部認可をめぐる問題を厳しく追及する構え。また、首相が掲げる
「人づくり革命」で焦点の教育無償化や、北朝鮮の核・ミサイル問題への対応などについても議論が交わされる。

 民進党分裂で野党の構成が変わったことを受け、立憲民主党の枝野幸男、希望の党の玉木雄一郎、
民進党の大塚耕平各代表にとっては、首相と初対決の場となる。

 政府は14日に、加計獣医学部の来春開学を認可。これに対し、野党側は「結論ありき」
「説明が不十分」などと反発している。首相不在で行われた15日の衆院委員会の質疑では、首相や
側近の関与について解明が進まず、認可の審査がずさんだった疑いも浮上したため、
「丁寧に説明する」と公言してきた首相を追及する。情報公開や公文書管理の在り方も併せてただす。

 人づくり革命で、政府・与党は幼児教育・保育無償化の補助額に上限を設ける方向で検討している。
首相が衆院選時に「全ての3~5歳児」が対象と明言したこととの整合性などについて、野党は問いただす考えだ。
また、首相が消費税増税分の使途変更を打ち出したことを受け、財政健全化の具体的な道筋を示すよう求める。

 対北朝鮮で首相は一貫して「圧力を最大限に高める」と強調。野党側はこうした対応の妥当性や、
日朝間の直接交渉が求められる拉致問題への取り組みについて、政府の見解を問う。首相が所信表明で
詳述しなかった憲法改正をめぐっても議論が交わされそうだ。

 自民党の萩生田光一幹事長代行は19日のNHK番組で「北朝鮮情勢や急速に進む少子高齢化などについて
建設的な議論をしたい」と表明。立憲の福山哲郎幹事長は「森友・加計や北朝鮮の問題、国民が全く成長を
実感できていないことについて堂々と論陣を張っていく」と語った。

貴ノ岩も殴っていた!

2017-11-19
こんばんは

今日、今季一番の寒さのようで
体調管理をしっかりしようと思います。



 大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=に暴行を受けた前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=が、
今年の夏巡業中に同じモンゴル人力士を殴打していたことが18日までに分かった。

 関係者によると、日馬富士は貴ノ岩の乱暴なふるまいに立腹しており、10月25日に鳥取市内で
暴行に及んだ要因の一つになっているという。後輩への説教のつもりが度を越し、日本中を騒がせる
横綱による暴力事件につながった可能性がある。

 被害者である貴ノ岩も暴力を振るっていた。関係者によると事件が起きたのは夏巡業中で、
殴られたのは別の部屋の幕下以下の力士。宿舎の風呂場の湯が出なかったため、貴ノ岩は
確認を命じたが、報告が十分に伝わらずに激高。顔面を数発殴り、膝蹴りしたという。
この場面を多くの力士が目撃していたという。

多数目撃 暴力行為は許されることではないが、殴った相手が同郷の先輩の関取ということで、
大事にせず被害届など表立った行動は起こすつもりはないと言う。しかしその後、この件が
日馬富士に伝わり、度を越した貴ノ岩の行為をいさめる必要があると考えていたという。

綱の制裁 今回の日馬富士の暴行事件の背景には、思い上がった後輩の態度を許せないと判断した
横綱の“制裁”の意味もあったと指摘する声もある。結果として暴行は明るみに出て、日本中の注目の中で
任意とはいえ警察の聴取を受ける段階にまで発展した。

 力士の模範であるべき横綱が、暴力の連鎖で相手を負傷させた事実は決して許されるものではない。
殴打に訴えず、番付最高位の立場と説得力ある言葉で後輩力士の言動をいさめれば、違う結果になっていたのかもしれない。

非礼極まる韓国 元慰安婦と知らず抱擁

2017-11-18
こんばんは

明日は真冬並みの寒さだそうです。
暖かく家にこもって充電しようと思います。



 韓国の非礼・無礼に、米国は激怒したのか-。
韓国大統領府が7日、ドナルド・トランプ米大統領を招いて開いた晩餐(ばんさん)会で、
韓国が不法占拠する島根県・竹島周辺で捕れた「独島エビ」を出した問題で、米政府の
指摘を受けた韓国側がメニューから「独島」の文字を削除していたことが分かった。
また、晩餐会に招待された元慰安婦についても、トランプ氏は元慰安婦と認識せずに
ハグ(抱擁)していたことも判明した。

 日本政府は、エビ料理と元慰安婦の招待について7日中に、ソウルの
日本大使館を通じて韓国側に抗議した。国賓であるトランプ氏をもてなすはずの晩餐会が、
文在寅(ムン・ジェイン)政権によって「反日政治ショー」と化していたことを、日本としても、
米国の同盟国としても看過できなかったのだ。

 日本政府関係者によると、韓国側は日本の抗議には反応しなかったが、
日本の抗議を把握した米国の指摘を受け、「独島」名を外したという。

 元慰安婦についても、トランプ氏がハグした写真が世界に発信された。
だが、動画を見ると元慰安婦がハグを求めているように見える。2015年12月、
米国の仲介で、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的な解決」とした
日韓合意に反するような暴挙だ。

 マーク・ナッパー駐韓米国代理大使は「単なる人間的なジェスチャーで、政治的な観点から
見たくはない」といい、韓国人記者団に不快感をあらわにしたという。

 米韓首脳会談を含む、韓国の一連のおもてなしに憤慨したのか、米保守派に支持される
有力紙「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」は7日付の社説で「文大統領が信頼できる
友人だとは思えない」と痛烈に批判した。

 韓国の裏切り行為に、米国だけでなく、当然、日本も不快感を覚えているようだ。

 安倍晋三首相は10~14日にベトナムとフィリピンで開かれた国際会議に
韓国の文大統領らとともに出席したが、日韓首脳会談は行わなかった。

無礼国家 安倍首相に「平昌五輪来い」

2017-11-17
こんばんは

一段と寒い朝でした。
昼間は比較的暖かかったですが
夜にはまた寒くなり体調管理が
大変です。


 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日本に理不尽な要求をしてきた。
数々の反日行動への謝罪・反省も示さず、来年2月開幕の平昌(ピョンチャン)
冬季五輪に合わせて、安倍晋三首相に訪韓するよう求めてきたのだ。専門家は
「政治利用される危険性」を強く指摘する。日本はキッパリ、「NO!」と伝えるべきではないか。

 《駐日韓国大使「平昌冬季五輪時の安倍首相訪韓に向けて努力」》

 中央日報(日本語版)は15日、こんな見出しの記事を伝えた。

 李洙勲(イ・スフン)駐日大使は14日、日本外務省を就任あいさつで訪れ、河野太郎外相と面会した。

 同紙によると、李氏は会談後、記者団に「韓日中首脳会議が(来月か来年1月に)開催され、
文大統領が訪日した後、平昌冬季オリンピックの時に安倍首相が訪韓すればシャトル外交が復活する」と述べたという。

 本気で言っているのか。

 ドナルド・トランプ米大統領が先日訪韓した際、韓国は夕食会に
元慰安婦を招待し、不法占拠している島根県・竹島周辺で捕れた「独島エビ」
を使った料理を提供した。日本政府は即抗議したが、河野-李会談では、
その無礼行為への言及はなかった。

 韓国は平昌五輪も「反日」に利用している。

 大会組織委員会のホームページに日本列島が存在しない世界地図を掲載し、
竹島を「Dokdo(独島)」と表記していた。また、韓国国会の丁世均(チョン・セギュン)議長は
6月に訪日した際、平昌五輪への日本人観光客の訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には
1人の韓国人も行かせない」と言い放ったと伝えられる。日本は何も困らないが、恫喝(どうかつ)のつもりなのか。

 韓国情勢に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「一言でいうと、韓国は『礼儀知らず』だ」と喝破し、続けた。

 「(韓国が一連の無礼を謝罪・反省するまで)安倍首相は訪韓してはならない。韓国からすれば
『安倍首相の訪韓=韓日関係正常化』の証拠となり、一連の抗議がチャラになる。ソウルの日本大使館前に
慰安婦像があるのに行けば、『日本は慰安婦像を認めた』という論理にもなる」

 トランプ氏の訪韓時、デモ隊が過激な抗議活動を行った。安倍首相が訪問すれば、さらに過激な行動が起こりかねない。

 室谷氏は「国際社会では怒るときは大声で怒らなければならない。外務省が『遺憾だ』
と伝えるだけでは、ナメられる。問題のある韓国人のビザ発給を拒否して入国制限をするなど、
強い怒りの姿勢を見せるべきだ」と指摘した。
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>