「慎重に検討」は見極めのシグナル?

2017-08-10
こんばんは

夏休みに入りました。
と言っても普通の振替休日と
祝日、普段の土日の休みに過ぎませんが。



 北朝鮮が具体的ミサイル名を挙げ、
検討段階の発射計画を公表するのは極めて異例だ。
トランプ米政権との軍事的緊張を一気に高める
米グアム周辺への発射に本当に踏み切るのか。

 北朝鮮戦略軍が言及した「火星12」は、
5月に北朝鮮北西部から試射され、高度2000キロ超に達し、
787キロ飛行して日本海に落下した。
通常角度で発射すれば、射程は4500〜5000キロに及ぶと分析され、
約3500キロのグアムには十分到達する。

 グアムに向け発射すれば、
日本上空を通過する可能性が高く、誤って落下する危険も生じる。

 金正恩朝鮮労働党委員長は1月、
「試射準備の最終段階」だと宣言した大陸間弾道ミサイル(ICBM)を
実際に発射するなど、“有言実行”の姿勢を示してきた。
日本海側への試射では、飛距離に限界があり、太平洋側に飛ばして
現実の性能をテストしたいのが本音だ。
一方で、「慎重に検討している」と実施を断言しておらず、
トランプ政権の出方を試す思惑もにじむ。

 米韓両軍は21日から合同軍事演習に入る予定。
その前後に北朝鮮が発射に踏み切る可能性があるとみて、警戒している。

 沖縄本島の約45%ほどのグアム(面積549平方キロ)には、
B1爆撃機などが配備されているアンダーセン空軍基地と
原子力潜水艦の基地アプラ港があり、米軍の重要戦略拠点になっている。

 人口は約16万人(2010年国勢調査)で在留邦人数は
4422人(16年現在)。経済は観光業と米軍関係に依存し、
16年には過去最高の154万人の訪問客があった。
このうち半数の約74.5万人が日本人で占められている。

最終手段辞さず

2017-08-07
こんばんは

 和歌山県北部に上陸した台風5号で、
台風東側にあった雨雲の影響で静岡県や神奈川県などは、
すでに大雨になっている。
台風5号に伴う雨雲は夕方から首都圏にも流れ込む見込みで、
帰宅ラッシュを直撃する恐れもあり、交通情報などに注意が必要だ。



朝鮮中央通信によると、北朝鮮は7日、
政府声明を発表し、国連安保理で新たな制裁決議が採択されたことについて、
「全面排撃する」と強く反発した。

 その上で、「米国がわれわれを圧殺しようとする無謀な試みをやめず、
軽挙妄動するならば、いかなる最終手段もちゅうちょしない」と警告し、
米国の圧力強化に対してさらなる軍事挑発を示唆した。

 2度の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けて、
安保理が5日に採択した制裁決議をめぐり、北朝鮮が反応したのは初めて。
北朝鮮は声明で米国への対抗意識を強く打ち出し、決議を米国による
「でっち上げ」と批判。
「断固とした正義の行動に移る」とけん制した。

 また、北朝鮮に対する「米国の極悪な犯罪の代価を1000倍で清算する」と強調。
米国の核の脅威が続く限り、核については交渉せずに核戦力を強化するとし、
制裁決議で米国に加担した国々も「朝鮮半島情勢(の緊張)を激化させ、
地域の平和と安全を危うくした責任を逃れられない」と非難した。 

北と戦争避けられない

2017-08-03
こんばんは

一ヶ月遅れの歓送迎会でした。
事務所内でのこじんまりとした
飲み会でした。



 核とミサイルで世界を脅し続ける無法国家、北朝鮮に対し、
いよいよドナルド・トランプ米大統領が本気になったのか。
米共和党の重鎮、グラム上院議員が1日、NBCテレビの番組で、
トランプ氏が「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)による米への
攻撃を目指し続けるのであれば、米国と北朝鮮の間の戦争は避けられない」
と語ったと明らかにした。

 グラム氏はトランプ氏と面会。
その席で、トランプ氏は「もし戦争があるなら向こう(朝鮮半島)で起きる。
何千人が死のうと、向こうで死ぬ。こちら(米国)で死ぬことはない」と述べたという。

 さらに、グラム氏は軍事力行使に慎重論を唱える軍事専門家を「間違っている」と批判。
「北朝鮮の核開発計画と北朝鮮そのものを崩壊させる軍事的な選択肢は存在している」と強調し、
「北朝鮮が(政策を)変更しなければ(軍事的な選択肢は)避けられない。
なぜなら、北朝鮮は大統領に、地域の安定と米本土の安定のどちらを
選ぶかの選択を迫っているからだ」と話した。

 グラム氏が明かしたトランプ氏の発言が事実であれば、
米朝の緊張関係が一気に高まるが、ティラーソン国務長官は1日に記者会見し、火消しに走った。

 ティラーソン氏は「米国は北朝鮮の敵でも脅威でもない」と述べ、
金正恩(キム・ジョンウン)政権の崩壊や転換を求めたり、
北緯38度線を越えて北朝鮮に侵攻する考えはないことを説明した。
さらに、北朝鮮が核を放棄することを前提に、
「いつの日か北朝鮮が求める安全が保証される未来について対話したい」と、
対話の可能性にも言及した。

 こうした中、韓国の聯合ニュースは2日、韓国政府の消息筋の話として、
韓米両軍が今月中旬、朝鮮半島周辺で米原子力空母2隻と韓国軍の
合同訓練を行う方向で検討中と報じた。

 記事によると、参加が予想されている空母は、
ロナルド・レーガンとカール・ビンソンで、2隻は5月末と6月初めに韓国、
日本と合同訓練を行った。
消息筋は「空母2隻の出動は北のさらなる挑発を抑止するための
強力な警告メッセージ」と説明したという。

 再び、朝鮮半島情勢が緊迫する。

これを言い訳に日本が核武装?

2017-07-31
こんばんは

キャパ以上の仕事を押し付け
残業が多いとは、それはないだろう。

部下がどれだけの業務を
抱えているかぐらい把握してから
説教たれろ!!



2017年7月31日、韓国・YTNによると、
北朝鮮が28日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の弾道ミサイルに関し、
韓国国会の国防委員長である金栄宇(キム・ヨンウ)「正しい政党」議員が
「北朝鮮が核弾頭の大気圏再突入技術を確保したと見るべきだ」との考えを明らかにした。

金委員長は同日、YTNラジオに出演し
「日本で撮影された北朝鮮のミサイルと見られる閃光の映像を見ると、
分散されずはっきりしている。また、危険を甘受して日本の目の前に落としたのは
軌道を正確に調節できるという意味だ」と述べた。

北朝鮮がICBM級ミサイル「火星14」を発射してから
約47分後の29日午前0時28分ごろ、北海道にあるNHK放送局の
数台のカメラには空を垂直に落下する閃光(せんこう)が映っていた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは
「事実上の日本への攻撃ではないか?」
「ここまできたら『正々堂々と戦おう』というメッセージと捉えていい」
「実際に見た人はとても驚いただろう」「なぜそんなことができる?
北朝鮮は肝が据わっているね」
「冗談のつもりでミサイル発射を繰り返し、
人口の集中する都市にうっかり落ちてしまったらどうするつもり?」
など驚きと不安の声が相次いで寄せられている。

また、「北朝鮮は覚えておけ。たとえ小さな村でも、
日本本土に落ちた瞬間に北朝鮮はこの世から消える」
と警告する声や、「北朝鮮は日本と韓国を一つの国ではなく、
米国の一部くらいに考えている。だから日本の領土に向けて
ミサイルの大気圏実験をするんだ」
「裏には100%中国の協力がある」などと分析する声、
「これを言い訳にして日本が核武装をすると言い出しそうで怖い」
と主張する声もみられた。
<< topページへこのページの先頭へ >>