日本、世界陸上で初のリレー銅メダル

2017-08-13
こんばんは

両親の墓参りに行ってきました。
お盆なので、かなりの渋滞で
帰りに思いの外時間がかかってしまいました。



 陸上の世界選手権第9日が現地時間11日、
ロンドン・スタジアムで行われ、この日最後の種目となった
男子4×100メートル決勝では、多田修平(関西学院大)、
飯塚翔太(ミズノ)、桐生祥秀(東洋大)、藤光謙司(ゼンリン)の日本が、
38秒04で3位に入り、世界選手権としてはリレー種目初となる銅メダルを獲得した。

 優勝は地元・イギリスで37秒47。
米国が37秒52で2着に入った。
今大会での引退を明言していたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は
アンカーとして臨むも、レース途中で脚を痛めてコースに倒れ込み、
途中棄権という幕切れになった。
<< topページへこのページの先頭へ >>