韓国軍が竹島で愚行非常識な「防衛訓練」

2018-06-20
こんばんは

連日の飲み会に
お疲れモードですが
充実した日ではありました。



 韓国軍が18日から2日間、不法占拠している島根県・竹島(韓国名・独島)と周辺海域で、
同島防衛を想定した訓練を実施した。日本の領土を侵害する暴挙であり、「北朝鮮の非核化」に
不可欠な「日米韓の連携」を傷つける愚行といえる。専門家は、「従北」の文在寅(ムン・ジェイン)政権が
今後も、反日攻勢を仕掛ける可能性があると警鐘を鳴らしている。

 「訓練は、大韓民国の領土である『独島』への外部勢力の侵入を防ぐために実施される、定例的なものだ」

 韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は18日の定例会見で、こう強弁した。聯合ニュースが報じた。

 しかし、日本としては容認できない。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は前日(17日)、在日韓国大使館の次席公使に
「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れることはできず、極めて遺憾だ」
と抗議した。在韓日本大使館の水嶋光一総括公使も、韓国外務省の東北アジア局長に同様の申し入れをした。

 韓国がいう「外部勢力の侵入」が、日本を想定していることは間違いない。
「北朝鮮の非核化」のため、日韓や日米韓の連携が求められるときに、露骨な「敵対的姿勢」がうかがえる。

 韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「わが領土に対し、他国の軍が
訓練を行うことを許してはならない」と強調し、続けた。

 「韓国には『日本との連携が必要だ』という認識はない。これまで警戒していた北朝鮮が
『朝鮮半島の非核化』を約束し、『お友達』になった以上、日本を『敵国』として、これまで以上に
反日行為を強化する恐れがある。日本は、韓国を味方とみなしていると、とんでもない目に遭う」

 韓国軍や地元メディアによると、訓練は前回(昨年12月)と「類似の規模」というが、発表内容は驚くしかない。

 駆逐艦「楊萬春(ヤン・マンチュ)」(3200トン級)など艦艇6隻と、海上哨戒機P3C、戦闘機F15K、
ヘリコプターUH60など航空機7機が参加し、海兵隊が島に上陸するという。

 軍事ジャーナリストの井上和彦氏は「あきれて物が言えない。現在、米国は北朝鮮対応に汗をかいている。
北朝鮮の『非核化』と『拉致問題』が解決した場合、日本の経済支援での関与が不可欠となる。今回の訓練は、
米国に迷惑をかけ、日本とあつれきを生むだけの未熟な対応というしかない。お笑いをみている気分だ。
韓国は現状を冷静に判断してほしい」と苦言を呈した。

コロンビアにリベンジ!!

2018-06-19
こんばんは

今日はワールドカップを
スポーツバーでパブリックビューイング。
まさかまさかの結果に・・・。




 日本代表は19日、ロシアW杯のグループリーグ初戦でコロンビア代表と対戦し、2-1で競り勝った。
前半6分、MF香川真司のPKで先制。同39分に直接FKで追いつかれたが、後半28分、CKから
FW大迫勇也が決勝ヘッドを決めた。前回大会8強、FIFAランキング16位のコロンビアを倒す金星。
初戦で大きな勝ち点3をもぎ取った日本は24日の第2戦でセネガルと対戦する。

 システムは4-2-3-1で、GK川島永嗣、4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF昌子源、
DF長友佑都と並んだ。中盤はMF長谷部誠とMF柴崎岳のダブルボランチで、2列目は右から
MF原口元気、香川、MF乾貴士。大迫が1トップを務めた。

 キックオフ直前にエンドを交代して幕を開けた運命の第1戦は開始早々に大きく動いた。前半3分、
日本はクリアボールを香川がワンタッチで前線に大きく蹴り出す。最終ラインの裏に抜けてきたボールに
反応した大迫はDFダビンソン・サンチェスが対応にもたつく間にうまく体を入れ替え、そのままゴール前へ。
GKとの1対1から放った左足のシュートはGKダビド・オスピナに阻まれたが、こぼれ球を香川が左足でシュート。
これがPA内でMFカルロス・サンチェスのハンドを誘い、PKを獲得した。

 得点機会を右腕で阻止したカルロス・サンチェスは一発退場。PKを獲得したうえ、開始早々に数的優位に立った。
PKのキッカーを務めたのは香川。冷静にGKの動きを見て、正面やや右に流し込んだ。香川のW杯初ゴールが
貴重な先制点。前半6分、日本が立ち上がりにリードを奪った。

 10人のコロンビアはトップ下で先発したMFフアン・フェルナンド・キンテロがボランチに下がり、
カルロス・サンチェスの穴を埋める。前半12分、中央後方からのキンテロのFKにFWラダメル・ファルカオが
左足を伸ばして合わせるが、川島が正面でキャッチ。日本も同15分、ドリブルで持ち込んだ香川が鋭い切り返しで
MFジェフェルソン・レルマをかわしてPA内左にスルーパスを通し、走り込んだ乾が右足ダイレクトで合わせたが、
ゴール右に外れた。

 コロンビアは前半31分、MFファン・クアドラードに代えてボランチのMFウィルマル・バリオスを投入。
キンテロが2列目の右サイドに回った。直後の32分にはこぼれ球に反応した大迫がまたもダビンソン・サンチェスと
体を入れ替え、フィニッシュまで持ち込むが、シュートは枠を捉えられない。数的優位を生かし、落ち着いて試合を
進めていた日本だったが、不運な判定から同点に追いつかれた。

 前半37分、コロンビアはPA右手前の位置でファルカオが長谷部と接触し、大げさに倒れ込む。
ファルカオからぶつかりにいっているように見えたが、主審は長谷部のファウルを取り、コロンビアにFKを与えた。
右45度の絶好の位置。キッカーを務めたキンテロの左足から放たれたシュートは壁の下を抜け、ゴール右隅へ。
川島が必死にボールを抑えに行ったが、キャッチしたときにはすでにゴールラインを越えていた。
ゴールライン・テクノロジーによる映像も場内に映し出され、10人のコロンビアが同点に追いついて前半を折り返した。

 1-1で迎えた後半、日本は10人のコロンビアに対してボールを持つ時間が長くなる。後半9分、
香川の縦パスから大迫が鋭い反転。みたびダビンソン・サンチェスの前に入り、左足でシュートを打った。
同12分には柴崎の縦パスから大迫がポストプレー。乾が左サイドから中に切れ込み、右足で狙ったが、GKに阻まれた。

 直後にコロンビアサポーターで埋まったスタンドが沸く。ベンチ前で準備するMFハメス・ロドリゲス。
後半14分、キンテロに代わってコロンビアの10番がピッチに入った。そのまま右サイドをスタートポジションとし、
流動的に動くハメス。日本ベンチも動く。後半25分、香川に代えてMF本田圭佑を投入。同時にコロンビアも
選手交代を行い、FWホセ・イスキエルドに代わってFWカルロス・バッカが入った。この交代でバッカは
右サイドに入り、ハメスが左サイドに回った。

 両チームのベンチが動く中、次の1点をもぎ取ったのは日本だった。後半28分、本田が右サイドに展開し、
オーバーラップしてきた酒井宏が中央にグラウンダーのパス。相手ゴールに背を向けた状態で大迫が体を張って
ボールをキープし、落としたところを酒井宏が右足を振り抜いたが、惜しくも相手DFに当たった。それでも、
このプレーで獲得した左CK。本田の左足キックに大迫がDFサンティアゴ・アリアスと競り合いながら
ヘディングで合わせると、右ポストを叩いてボールはゴールネットに吸い込まれた。

 大迫のW杯初ゴールで2-1と勝ち越しに成功した日本。後半33分のピンチにはハメスのシュートを大迫が
体を張ってブロックし、その直後にも原口がシュートブロックを見せる。チーム全体で気持ちのこもった
守備を見せていた日本だが、アクシデントが襲う。柴崎がアリアスとの競り合いで右足首を踏まれ、負傷。
後半35分、足を引きずりながらピッチをあとにし、MF山口蛍と交代した。

 大迫が足をつるなど死闘となった一戦。後半40分、大迫に代えてFW岡崎慎司を投入し、交代カードを使い切った。
後半アディショナルタイムの5分間も最後まで集中力を切らさず、そのまま2-1で逃げ切った西野ジャパン。
過去のW杯本大会で勝利のなかった“鬼門”の南米勢を倒すと同時に、4年前のブラジルW杯で敗れた
リベンジも果たし、2大会ぶり3度目のグループリーグ突破へ白星発進した。

突然、地鳴りと揺れ

2018-06-18
こんばんは

朝8時前、電車内全体に
アラームが鳴り出し、いきなりストップしました。

大阪で起きた地震で、3時間以上
足止めを食らってしまいました。



 震度6弱の揺れを観測した大阪府高槻市や枚方市では、
地鳴りと共に激しい揺れに襲われ、住民らから驚きと恐怖の声が相次いだ。

 高槻市上土室の小児科医院に一人でいた医療事務の女性(32)は
「最初がたがたと地鳴りのような音と共に左右の横揺れや縦揺れが30~40秒ほどあり、
びっくりした」と声を震わせた。医院内では消毒液の容器が壊れるなどし、
受付時間を30分間遅らせ開院したという。

 近くにあるマンションの下層階に住む60代女性は「阪神大震災の時の大きい横揺れと比べ、
細かいきつい横揺れがあり、震源が近いなと感じた」と振り返った。食器棚のガラス扉が開いて
食器が倒れたりした。ガスが止まっており、「余震がどうなるか分からないので風呂に水をためておく」と語った。

 同市富田町のJR京都線摂津富田駅前にいた会社員の女性(31)は「『ドーン』と1回縦揺れが来た後に
ゆらゆらと揺れた。近くにいた女子高生はびっくりして泣いていた」と話す。電車も止まり、自宅に戻って
被害を確認した。

 同市内で食料品店を営む男性は、朝食を食べ終えたところで縦揺れを感じた。店の棚から商品が落ちたり、
裏の家の屋根瓦が崩れたりしたという。

 枚方市内にあるカジュアル衣料品店「ユニクロ枚方大峰南店」の女性店員は
「店舗全体が1分くらい横に揺れるような感じで、ミシミシと音を立てていた。
店内にいた6人全員がいったん外に逃げて無事だった。屋根瓦が落ちたり、
テレビ用のアンテナが倒れたりしていた」と慌てた様子で話した。

西野ジャパンに衝撃 浅野と入れ替えか

2018-06-17
こんばんは

ワールドカップの熱戦が
連日続いておりますが
メッシ率いるアルゼンチンが
まさかのアイスランドとドローに
がっかりでした。



 西野ジャパン、初戦直前入れ替えも―。
19日にコロンビアと初戦を迎える日本代表のFW岡崎慎司(32)=レスター=が16日、
負傷のため大会登録の23人から外れることが濃厚になった。右ふくらはぎを負傷し、
大会期間中には完治しないと判断されたもようで、3大会連続出場は絶望的。
冒頭15分のみ公開となった16日の練習もただ1人、グラウンドには現れず。
代わりにはバックアップメンバーとして帯同しているFW浅野拓磨(23)=ハノーバー=
が登録されることになりそうだ。

 大事な初戦の3日前、西野ジャパンに衝撃が走った。冒頭15分のみ公開された練習。
にはバックアップメンバーのFW浅野も含めた23人が現れた。だが、帯同している24人のうち
ただ1人、FW岡崎だけがピッチに現れなかった。関係者によると、負傷のため大会登録の
23人のメンバーから外れる可能性が極めて高いという。

 岡崎は12日の親善試合、パラグアイ戦(インスブルック)で右ふくらはぎを負傷。
もともと痛めていた右膝でも、左足首でもなかった。負傷部位をかばったのが影響した可能性もある。
ゼーフェルト(オーストリア)の事前キャンプ地からカザン入りしても14、15日と完全別メニュー。
ロシアでは一度もチーム練習に合流していない。西野朗監督(63)も15日の練習後には
「非常に(状態が)厳しい選手もいます。岡崎(の状態)が一番気になる」と話していた。

 W杯のレギュレーションでは、初戦の24時間前までは選手の入れ替えができる。
日本代表は現地時間19日午後3時(日本時間同午後9時)に1次リーグH組初戦で
コロンビアと戦うため、18日午後3時までに診断書とともに国際サッカー連盟(FIFA)に
提出すれば、選手の入れ替えが可能だ。現状ではサポートメンバーとして帯同している
FW浅野を登録する見込みだ。

 過去には2006年のドイツ大会直前にDF田中誠(当時磐田)が左太ももの肉離れで離脱。
代わりにDF茂庭照幸(当時F東京)が米ハワイで休暇中に緊急招集されてメンバーに加わったこともある。
大会直前のメンバー入れ替えは3大会ぶりとなる。

 5月中旬にガーナ戦(日産ス)のメンバー発表した際に、「ゲームの中での総合的な役割というのは
代えがないと私は評価している」と指揮官が話し、W杯に必要と判断された。今大会でゴールすれば
3大会連続の得点となるはずだった。前回大会のコロンビア戦で唯一ゴールを奪った男でもある。
だが、大会直前に西野ジャパンは大事な1ピースを外さざるを得ない状況になった。

 ◆岡崎のW杯 10年南アフリカ大会で初出場。全4試合にいずれもFWとして途中出場し、
1次リーグ(L)3戦目のデンマーク戦で後半42分に左足で初ゴールを決めた。14年ブラジル大会は
FWで1次Lコートジボワール戦、ギリシャ戦ともに先発フル出場。コロンビア戦で前半ロスタイムに
頭で同点ゴールを決めるも、後半24分に退いた。

「銀」メダル不足?

2018-06-16
こんばんは

台風6号が今日
沖縄に接近中です。



 2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製造にリサイクル原料を活用するプロジェクトが、
窮地に立たされている。現在のペースでは、必要とする金属が確保できない状況で、
東京・霞が関の中央省庁は15日から、機運醸成の一環として使用済み小型家電の回収ボックスを
リレー方式で巡回させる取り組みを始めた。内閣府で行われた開始式では鈴木俊一五輪相が
使い古した携帯電話4個を投函(とうかん)し、「必要量の確保には課題がある。より一層の
機運醸成が必要」とさらなる協力を訴えた。

 東京五輪では、金銀銅合わせて計5千個のメダルが用意される。大会組織委員会は、
全国から集めたリサイクル金属でメダルをつくる「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」
を昨年4月から開始。自治体や郵便局、ドコモショップなど全国約1万2400カ所にボックスを設置し、
役目を終えた携帯電話やデジタルカメラ、パソコンなど小型家電の回収を呼びかけてきた。

 今年3月の時点では、ドコモショップで約330万台、自治体で約1万4636トンの携帯電話や
小型家電が回収された。ただし、携帯電話1台から回収される金属は金0・05グラム、銀0・26グラム、
銅12・60グラムとごくわずか。5千個のメダルを作るには金42キロ、銀5300キロ、銅2700キロが
必要とされており、現在順調に回収できているのは「銅」のみという。

 特に「銀」は金メダルの主原料も兼ねているため、「相当な努力が必要な状況」(担当者)。
回収は来年3月ごろを期限としており、今後は家電量販店にもボックスの設置を依頼して、
さらに国民の参画を呼びかけていく。
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>