ギリシャ、開き直り

2015-06-30
こんばんは

6月も終わりますが
梅雨で鬱陶しい日が続きそうです。

まだ1周間は辛抱でしょうか。



ギリシャの国際通貨基金に対する債務約15億ユーロ、約2065億円の
返済の期限切れが7月1日午前0時(日本時間同7時)に迫るなか
チプラス首相は29日夜、「EU側との合意がなければ事実上返済は不可能」とぶちまけた。

デフォルト宣言による市場の混乱や融資焦げ付きを恐れる
EU側に妥協を求めた形で、ギリギリの駆け引きが続く。

チプラス首相は29日、同国の公営テレビに出演し
「30日までの合意がなければ返済はできない」と述べ
自力では債務を返済できない状態であることを初めて認めた。

ギリシャへの支援融資72億ユーロ(約9700億円)は凍結され
デフォルトの可能性は一段と高まった。

それではなぜ緊縮財政策を取らないのか
このクソ怠け者国家にむかっ腹が立つのは
私だけではないでしょう。
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>