オリラジ中田が手紙を送ったベッキーを猛批判

2016-04-30
こんばんは

57歳で亡くなったプリンスが
エイズを発症していたとか。

宗教上の理由から
治療を行っていなかったそうです。




 4月27日発売の「週刊文春」で、
芸能活動を休止中のタレント・ベッキーが編集部に宛てた直筆の手紙が掲載された。
内容は「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不貞関係を認めたうえで、
「気持ちはもうない」「奥さんに謝罪したい」というものだ。

「所属事務所の社長自ら『文春』に手紙を届けた事からもわかるように、
何とか騒動を鎮静化させ、早期復帰の道筋をたてたいという思いが伝わってきます。
文面は弁護士を交え、スタッフが練りに練ったものでしょうね。ですが、この報道を受けても、
ネットではベッキーを批判する声は収まっていませんし、『オリエンタルラジオ』の中田敦彦は、
出演する『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で『あざとく感じる』と批判しています」(週刊誌記者)

 番組では、MCの国分太一がベッキーをフォローし、
真矢ミキも「私たち、何も被害被ってないし、そこまで‥‥」と言いかけたが、
それでも中田の主張は止まらなかった。
なぜそこまでベッキーを批判するのか。
芸能関係者が語る。

「中田は『同じ仕事人として尊敬していたから、対応についてガッカリしたという話です。
こっちに被害があったかどうかの話じゃない』と理由を説明しました。
では、何を尊敬していたかというと、イメージ戦略についてです。
ベッキーは特別売りがない中、計算された『好感度』というものだけで超がつく売れっ子になりました。
『素の彼女がどうかは関係なく、芸能人としてそれは凄いことだ』と、中田は高く評価していたんです。
それが今回、崩れ去り、事後処理もお粗末なもの。それで落胆し、怒っているんです」

 以前はよく炎上する妻の福田萌に「ベッキーを見習おう」と話していたという中田。
不貞騒動で、今では反面教師となってしまったようだ。
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>