ヒアリで初被害、作業員が刺され発疹

2017-07-27
こんばんは

毎朝、毎晩、仕事詰め。
報われる日は来るのでしょうか。



 環境省と福岡市は27日、
福岡市東区の博多港で陸揚げされた輸入用のコンテナから
ヒアリ約30匹が見つかり、男性作業員1人が刺されたと発表した。

 国内でヒアリに刺される被害が確認されたのは初めて。
作業員は皮膚に発疹が現れたが、病院で診察を受け、健康に問題はないという。

 コンテナは中国から輸入されたもので、
陸揚げされたのは今月24日。
福岡市博多区内にある事業者の敷地に運ばれ、
27日午前に、30代の作業員がコンテナを開けて
荷物を運び出そうとしたところ、数匹のアリが体を上ってきて
左腕を刺されたという。
コンテナは密封し、殺虫剤でアリを駆除した後、
専門家が死骸を調べ、ヒアリと確認した。
今のところ、女王アリは確認されていないという。

 ヒアリには体の末端に毒針があり、
刺されると激しい痛みとともに腫れ上がる。
まれに急性のアレルギー反応「アナフィラキシー」で死亡する例もある。
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masupapa.blog.fc2.com/tb.php/2366-d96703f8

<< topページへこのページの先頭へ >>