座らない高齢者には不要な負担かかる

2017-08-17
こんばんは

今年はじめての夏休みをとりました。
もっと消化しようと心に決めました。

頑張っても何も帰ってきませんから。




 健康長寿には「適度な運動」が大切だが、この「適度」の判断が難しい。
65歳以上の運動には常にリスクが潜んでいる。

「“歩けば歩くほど健康になる”という常識は大間違いです」

 そう語るのは、東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏だ。
青柳氏は、2000年から群馬・中之条町の65歳以上の住民を対象に大規模調査を行なった。

「研究の結果、1日8000歩以上歩いても健康増進や病気予防には
ほとんど意味がないことが分かりました。健康長寿の理想は『1日8000歩、20分の早歩き』です。

 また、高齢者には『早朝の散歩』を励行する人が多いが、
朝は血液がドロドロの状態のため血栓が詰まりやすく、動脈中の活性炭素を増やし、
動脈硬化から心筋梗塞や脳卒中になる怖れがある。歩くなら夕方の方が適切です」

 また、健康のために「エレベーターより階段」を選ぶのも危ない。

「階段を降りる時は膝の半月板や靭帯に大きな負荷がかかります。
半月板と靭帯は筋肉と違って鍛えられないため、65歳オーバーは無要な負荷を避けるべき。

『電車やバスで椅子に座らない』ことも軟骨部分に不要な負荷をかけます」
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masupapa.blog.fc2.com/tb.php/2387-43543552

<< topページへこのページの先頭へ >>