文政権に警告

2017-08-28
こんばんは

今月も月末の忙しさで
連日、帰宅が22時、23時。

早く普通の状態に戻りたいです。



 韓国の文大統領が、解決済みの徴用工問題を蒸し返そうとしている。
自民党政調会長代理を務める片山さつき参院議員が、暴走する隣国に真正面から警告を発した。

 「韓国の対日請求権は、1965年の日韓請求権協定で解決済みです。しかも、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の
年、『韓国政府が道義的に取り組む』と宣言しました。当時、文氏は大統領側近として青瓦台(大統領府)で
活躍しており、こうした事情は知っているはずです」

 片山氏はこう語り、ため息をついた。

 文氏は就任100日の17日に開いた記者会見で、徴用工問題を取り上げ、新たな「賠償カード」にする可能性を示唆した。

 朝鮮半島は、北朝鮮が米国領グアムへの弾道ミサイル発射を予告したのに対し、米国が
軍事行動を示唆するなど、一触即発の危機が続いている。

 片山氏は「アジアと世界の平和と安定のために、日米韓3カ国が力を合わせていかなければならない時に
なぜ韓国はわざわざ、これに逆行しようとするのでしょうか」と疑問視した。

 文氏は大統領選中から「従北・親北」と言われていた。まさか、「反日発言」を利用して
窮地に立つ北朝鮮を助けるつもりなのか。

 片山氏は「国家間の約束を一方的に反故すれば、韓国は国際的信用を失うだけでなく
重大な国益を害しかねない」と批判し、続けた。

 「そもそも、北朝鮮は『米国としか交渉しない』と言っています。文氏が日本を敵視して
北朝鮮と譲歩しようとしても、まったく意味はありません。それどころか、西側諸国としての基盤が崩れる恐れがある。
とても愚かしいことです」

 米財務省は22日、北朝鮮の「核・ミサイル開発」に関与したとして、中国とロシアなどの
企業や個人を制裁対象に追加指定したと発表した。
「武力行使も辞さない」という強硬姿勢を続けながら、北朝鮮の抜け道を防ぎ、核・ミサイルの完全放棄につなげる意向だ。
韓国の出番はない。

 「文氏は存在感を示すために『反日カード』を切ってきたのでしょうが、安倍晋三首相は
『ゴールポスト(終着点)が動くことは絶対にあり得ない』と明言しています。また、21日には
日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相らが訪韓し、徴用工の蒸し返しについて、日本の懸念を伝えたと聞いています。
韓国も早く目覚めてほしいです」
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masupapa.blog.fc2.com/tb.php/2398-ae392de8

<< topページへこのページの先頭へ >>