「理想の家庭像」披露 一時金は1億3000万円前後か

2017-09-04
こんばんは

昨夜は、久しぶりの
旧友との再会で盛り上がり。

仕事前の夜だったため
控えめに飲もうとしましたが
ついつい飲みすぎてしまい・・・。

いつものごとく後悔先に立たずです。




 3日にご婚約が内定した秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと
国際基督教大学(ICU)時代の同級生、小室圭さん(25)。
同日の記者会見では、お互いの存在を「月と太陽」になぞらえ
何度も見つめ合いながら理想の家庭像を披露された。
結婚式は来年秋にも執り行われる見通し。

 小室さんは会見から一夜明けた4日午前7時ごろ、横浜の自宅から姿を現した。
半袖の白のワイシャツ姿で待ち構える報道陣に「おはようございます」
と一礼、都内の事務所に向かった。トレードマークのさわやかさはこの日も健在だった。

 眞子さまと小室さんのご婚約は今後、一般の結納に当たる「納采の儀」で正式決定される。

 結婚式が近づくと、眞子さまは宮中三殿で皇室離脱を歴代天皇に報告する
「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」に臨み、宮殿で行われる「朝見の儀」で天皇、皇后両陛下に
お別れのあいさつをされる。式当日は小室さん側の使者が眞子さまを秋篠宮邸に迎えに行く
「入第の儀」を経て、結婚式が行われる。

 ご結婚に伴い、眞子さまの生活環境は大きく変わる。新たに戸籍が作られ「小室眞子」と
これまでなかった名字を名乗られる。参政権などが認められる一方、教育・勤労・納税の義務が課せられる。
小室さんの年収を基本に生活されることになるが、品位が保たれるよう「一時金」が非課税で支払われる。
関係者によると、1億3000万~1億4000万円前後となる見通し。
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masupapa.blog.fc2.com/tb.php/2405-a634700a

<< topページへこのページの先頭へ >>