電磁パルス攻撃 損失数百兆円も

2017-09-06
こんばんは

早朝のサッカーワールドカップ最終予選は
本戦出場を決めた日本と勝たなければプレーオフに
回ってしまうサウジアラビアとの戦いでした。

結果、0-1とハリルジャパンは負け
サウジアラビアが本戦出場を決めました。

屈辱的な負けでした。



 北朝鮮が6回目の核実験を強行したことに、米トランプ政権が「北朝鮮を滅ぼす力はある」(マティス国防長官)と激怒している。過敏反応するのは、北朝鮮が「電磁パルス攻撃」の開発成功を示唆したためだ。事実とすれば米国経済をメチャメチャにし、破滅的な結末をもたらしかねない。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は今月3日、今回の「水爆」について
「高い空で爆発させ、広い地域に超強力な電磁パルス攻撃まで加えられる」と主張。
電磁パルス攻撃は目標上空の数十~数百キロの高高度で核弾頭を爆発させる。
その際に生じたガンマ線が大気中の窒素や酸素に衝突。
巨大な電流が発生することで電磁パルスが地上に襲いかかる。

「電磁パルスは“空から襲う津波”に例えられます。高高度で爆発するため、熱線、爆風、放射線は
地上に届かず、直接死傷する人は出ません。ただ、電子機器・電子回路に過剰な電気が流れることで
大規模な停電が起き、インターネット回線などが停止。金融機関などのサーバーが次々にダウンします。
原子力発電所も制御不能に陥るとみられています。米国の上空にパルス攻撃が仕掛けられたら
ニューヨーク証券取引所は全面停止に追い込まれ、株価は大暴落するでしょう。
バックアップ電源で緊急復旧させたとしても、正常に機能するか定かではありません。
その衝撃はリーマン・ショック時の比ではありません。米国経済は麻痺状態に陥り、経済的な損害規模は
数百兆円に上るかもしれない。輸送インフラも停止し餓死者も出るでしょう。米国民の生活は西部開拓時代以前に
戻ってしまうかもしれません。文明の崩壊さえ危惧されます」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

 恐ろしいのは、北朝鮮の脅しがあながちハッタリとも思えない点だ。
北朝鮮のICBM完成は大気圏突入技術の獲得が“最終関門”とみられている。
しかし、電子パルス攻撃は大気圏再突入技術が不要とされる。

「地上を狙うICBMは、大気圏再突入時にミサイルの弾頭部分を高熱から守る技術と、ミサイルの入角スピードを
制御する技術が必要となります。その点、電子パルス攻撃は小型の核弾頭を搭載したミサイルを発射し、目標上空で
起爆するだけ。今の北朝鮮の技術ですぐにでも攻撃に移せる可能性があります。だから、米国が神経をとがらせているのでしょう」(世良光弘氏)

 今のグローバル経済では、米本土でなくても、日本や欧州などの主要マーケットを狙えば
米国経済に打撃を与えることもできる。金正恩とトランプの危ない駆け引きにしばらく注目が集まりそうだ。
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masupapa.blog.fc2.com/tb.php/2407-cdc8ca77

<< topページへこのページの先頭へ >>