与野党の批判合戦が激化

2017-10-13
こんばんは

昨日の暑さから一転
11月下旬の寒さとぐずついた
天候になりました。

寒暖の差が激しく体調管理が
大変です。


 衆議院選挙は公示から4日目を迎えました。
与党が過半数を大きく上回る勢いで野党が苦戦という序盤の
情勢を受け、お互いの批判合戦がエスカレートしています。

 自民党総裁・安倍総理大臣:「当選するために党の名前を変えたり、
当選するためになんか人気のありそうな党に潜り込んだり、あるいは
看板を隠しちゃったりしている。これいいんでしょうか、皆さん。
そういう人、皆さん信用できますか。できるはずないじゃないですか」
 公明党・山口代表:「(立憲民主党は)名前だけ変えたからといって
中身、変わりますか?変わらないでしょ。だから、目先だけ変えて中身は昔のまんま。
これでは、国民の安心感と望む政策を実現できるはずがないではありませんか」
 希望の党・小池代表:「あの加計学園、森友学園。ここで300議席、自公にそのまま与えたら、
あの問題は終わりでいいということを皆さんが納得するという意味に取られるが、それでいいんでしょうか」
 共産党・志位委員長:「安倍総理は今度の選挙を『国難突破解散』なんて言ってるけど、
安倍晋三さんという人が総理大臣に居座っていることこそ、日本にとっての最大の国難だと言わなければなりません」
 立憲民主党・枝野代表:「そこそこ頑張っていたはずなのに、非正規の口しか就職がない。
まだまだたくさんいるじゃないですか。そうしたところに目をつぶって、アベノミクスの成果を強調する。
この上からの政治、もういい加減にしませんか」
 日本維新の会・松井代表:「自民党も、もう少しピリッとさせなければだめです。おごり、緩みが
出てくるから皆さんの税金が一部の既得権益の方へ流れてしまう」
 社民党・吉田党首:「一握りの富裕層、大企業のために99%の国民、働く人、高齢者を
犠牲にするアベノミクスを続けていいのか」
 日本のこころ・中野代表:「安倍さんを好きだ嫌いだあるかもしれない。政治力、外交力は
今の日本の政界、安倍さんをおいて以外にない」
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masupapa.blog.fc2.com/tb.php/2444-086ffc95

<< topページへこのページの先頭へ >>